なぜショーウィンドウのガラスに水垢が付くの?

query_builder 2022/01/15
コラム
19

ショーウィンドウなどのガラスに付いた水垢は、どのようにして落とすのでしょうか。
そもそも「なぜガラスに水垢が付くのか気になる」と感じる方もいらっしゃいますよね。
本記事ではガラスに付く水垢について解説しますので、ぜひ内容をご確認ください。

▼なぜショーウィンドウのガラスに水垢が付くの?
通りに面したガラスに水垢が付くのは、大気中の汚れ・水・排気ガスなどによる劣化が原因です。
またガラスが水や水蒸気に触れると、ナトリウムイオンが溶け、化学反応を起こします。
外側の汚れだけでなく、内側からも浸食が始まり、落ちにくい水垢となるのです。

■ガラスに付いた水垢を落とす方法
ガラスに付いた水垢などの汚れは、再生研磨を行うことにより、綺麗に落とせます。
傷や汚れを消したいと考えるなら、交換作業をするよりも再生研磨がおすすめです。
汚れたからと交換するよりも環境に優しいため、水垢が気になるなら再生研磨を考えてみましょう。
さらにプロテクトコーティングをすることにより、長期間美しい状態を保てます。

▼まとめ
ガラスに水垢が付くのは、大気中の汚れ・水・排気ガスなどによる劣化や化学反応などが原因です。
交換しなくても綺麗な状態にできますので、水垢が気になるなら再生研磨を考えましょう。
愛知県名古屋市の「株式会社木村硝子工事」では、ガラスの傷消しや再生などの作業を承っております。
ショーウィンドウなどのガラスに付いた水垢にお困りでしたら、ぜひ弊社までお問い合わせください。

NEW

  • リペア補修工事とは

    query_builder 2022/05/15
  • リペアとは?

    query_builder 2022/05/01
  • 内装工事における契約書とは

    query_builder 2022/04/22
  • 耐用年数とは?

    query_builder 2022/04/15
  • 内装工事にかかる費用(修繕費)の目安とは?

    query_builder 2022/04/08

CATEGORY

ARCHIVE